他人の子と分け隔てなく育てる

投稿者: | 2017年3月4日

私は自分の子供を他人の子と分け隔てなく育てています。なにも自分の子供に対する責任を放棄しているわけではありません。ただ、他人の子供も、自分の子供も、悪いことをすれば怒るし、良いことをすればほめる。悪いところは、さりげなく悪いということに気付かせるし、良いことも、さりげなくほめます。このあたりの人との接し方について、私には、他人と自分の子供との分け隔てはありません。それどころか、会社に行っても同じです。上司だろうが部下だろうが、良いと思ったことは、積極的に上司に具申し、悪いと思ったことは、積極的に部下の非違を正します。こういったように、親が裏表がなく育った子供も、きっと裏表なく育って、良い人間になれるのだと思います。子供は善悪の区別などつきません。どういう行動を取ったら、どういう結果になったか。それを繰り返すことでしか、子供はほんとうの成長はしないのです。世界の平和をうたうなら、自分の子供と他人の子供を区別していたら、嘘っぱちでしかなきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です