マイホームで窓の大きさはわりと重要

投稿者: | 2017年3月13日

窓は小さい窓にした方がお金は安くなるのですが、けれども日当たりの悪い部屋で小さい窓ですと、なんだか鬱蒼とした印象になるのですよね。ですから、たとえ日当たりが悪くて、部屋の明るさは照明に頼ることとなっても、窓は大きめに確保した方がいいですよ。

隣の建物との距離がほとんどないとかいう場合を除いては、たとえ日が入りづらい環境になっていても、窓だけは大きめに作っておく方が部屋の印象が明るくなり、そして気分良く過ごせるというものです。たとえお隣を気にして目隠しカーテンを常に締めておくことになったとしても、壁よりは窓の方が明るい印象になりますからね。

ただ、西側の窓は小さめに作っていいと思います。日当たりの悪い住宅は、日が確保できるとなればたとえ西側であってもここぞとばかりに大きな窓を入れたりもしますけれど、それはやめておいた方がいいかと実体験から思います。西日は本当にキツイですから。それならば日が差し込まない方角の壁でも大きめの窓を作る方が快適に過ごせるものだと実体験より思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です