年齢で躾けるのではなくて、ダメな物はダメ!と最初から教える事の重要さ。

投稿者: | 2017年1月17日

私は子育てをするにあたって、色々な本を読みました。正直、学もなければ名誉もないような私に、子供を育てる自信なんてなくて、とにかくすがる思いで育児書に目を通しました。色々な本を読んで、納得したのは、周りの子育て経験者が言っていた「3歳までは可愛い可愛いで育てればいいの。」という言葉が嘘だという事。「躾は3歳からすればいいのよ。」なんて言う人が居たけど、私は育児書をいろいろ読んでいくうちにそれは違うと、自分自身で感じました。子供を混乱させるのは「矛盾」と育児書全般に書かれていたのです。というのは、3歳まではやってよかった事が、3歳になってからダメ!と躾ける事は「矛盾」を産むと書かれていたのです。育児書には、ダメな事は1歳からでもダメ!と教えなければ、急に3歳になってから「ダメ!」と言っても、子どもを納得させる意見は言えないのです。それを知ってからは、実際に0歳からでもダメな事はダメと言って来ました。おかげで、子ども達は私がダメだと言った事は、納得が行かない事以外はきちんと守るようになりました。説明しなきゃいけない事も沢山あるけど、きちんと説明も聞いてくれるようになったので、これはこれで正解なのかなっと自分で、思っている所です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です